0)今までのバージョンをインストールしてあればアンインストールしてください。
 今回の vsix をインストールします。

0. Install this distribution .vsix
note: make sure previous version of this tool is un-installed!




1)MVVM Light Toolkit や Prism などのフレームワークでプロジェクトを作成します。

1. make a project using a framework such as MVVM Light Toolkit, Prism, etc.

2)出来上がったプロジェクトのViewModelフォルダに新しい項目 ビューモデルダイアグラム を追加します。
vmcd ファイルと tt ファイルが作成されます。

2. add new-item/View-Model diagram on ViewModel folder of the project.
.vmcd and .tt will be created.


3)vmcd ファイルを開いてフレームワークのプロパティでフレームワークを選択します。

3. Open .vmcd, then chose framework on framework's property.


4)ツールバーの ViewModel を Drag & Drop します。

4. Drag'n drop ViewModel on toolbar

5)Aggregation をクリックして ViewModel の管理をする ViewModel間 で Drag & Drop します。

5. Click Aggreagation and Drag'n drop between ViewModels

6)必要なプロパティを作成します。

6. Make properties

7)保存後、ttファイルを右クリックしてカスタムツールの実行を選択します。

7. After save, right-click .tt and chose "execute custom tool".

8)tt ファイルの下に ViewModel1.Generated.cs などの cs ファイルができます。

8. So ViewModel1.Generated.cs will be created as a child of .tt

9)フレームワークのプロパティで None を選択した場合は以下の Livet の例のように ViewModelDiagram1.cs など名前で選択した vmcd ファイルの拡張子を cs に変えたコードファイルを追加します。
(Livet はこちらを参照してください。 http://ugaya40.net/developenviroment/livet.html )

9. When "Nome" is chosen on framework's property, same base-named .cs as selected .vmcd will be created.
See an example of Livet below (cf. http://ugaya40.net/developenviroment/livet.html )

10) ViewModelDiagram1.cs の中身はフレームワークに合わせて以下のようにコーディングします。
(このコーディングは MVVM Light Toolkit や Prism はあらかじめされています)
Livet の場合はこのようにコーディングします。

10. Implement ViewModelDiagram1.cs for the framework as below.
this implementation will already be made for MVVM Light Toolkit or Prism.
folowing code is for Livet.

namespace VmcdSample.Livet
{
    public partial class ViewModelDiagram1 : global::Livet.ViewModel
    {
        public virtual void Cleanup()
        {
        }
        protected void RaisePropertyChanged<T>(string propertyName, T newValue, T oldValue, bool broadcast)
        {
            base.RaisePropertyChanged(propertyName);
        }
        public class RelayCommand : global::Livet.Command.DelegateCommand
        {
            public RelayCommand(System.Action execute, System.Func<bool> canExecute)
                : base(execute, canExecute)
            {
            }
        }
        public class RelayCommand<T> : global::Livet.Command.DelegateCommand<T>
        {
            public RelayCommand(System.Action<T> execute, System.Func<T, bool> canExecute)
                : base(execute, canExecute)
            {
            }
        }
    }
}

11)アンインストールはVisualStudio 2010 の ツール-拡張機能マネージャー から行います

11. To un-install, use Visual Studio 2010 Tool/extended function manager.

Last edited Mar 25, 2012 at 9:16 AM by mnow, version 2

Comments

No comments yet.